『熱』を究め,地球そして宇宙の未来を拓く

About us

ようこそ熱制御工学研究グループ(長野方星・山本和弘研究室)へ。

当研究室は地球環境への負荷低減を目指した熱・エネルギー・燃焼システムの研究,次世代宇宙機の省エネ高効率熱制御や,乱流燃焼場や多孔体内気液挙動解明のための計測と可視化,先端材料の熱物性計測技術の研究開発など,地球・宇宙にまたがるマルチスケールの熱エネルギーマネージメントを研究対象としています。

当研究室は熱制御グループ(長野方星教授)と燃焼グループ(山本和弘准教授)により構成されており,熱工学に関する基礎学理の構築から応用研究に至るまで幅広く取り組んでおります。


akk

What's new

熱制御グループ

  • 2017.6.6
    研究員2名を募集しております(7/31〆切)。詳しくはこちら
  • 2017.5.25
    D2の小田切公秀君が第54回日本伝熱シンポジウム優秀プレゼンテーション賞を受賞しました。
    ※発表タイトル:『マイクロスケール赤外・可視観察に基づく多孔体気液熱流動モデルの構築』
  • 2017.5.16
    メンバー更新しました。
  • 2017.4.1
    SZASZ Bianca Adina特任助教が着任しました。
  • 2017.2.20
    本研究室,JAXA,東北大の共著論文が機械学会賞(論文)を受賞しました。
    ※論文題目:『マルチエバポレータ型ループヒートパイプの内部流動特性に関する研究(微小重力下での蒸発器及び凝縮器の可視化)』
    松田雄太(OB),長野方星,岡崎峻(JAXA),小川博之(JAXA),永井大樹(東北大)
  • 2017.2.20
    本研究室卒業生の西川原理仁博士(現豊橋技科大)が日本機械学会奨励賞を受賞しました。
    ※受賞名:『ポアネットワークモデルを用いたマイクロスケール多孔体内の気液熱流動挙動の解析の研究』
  • 2016.12.22
    本研究室の繊維配向同定法が日経テクノロジーonlineに掲載されました。
    詳しくはこちら
  • 2016.12.19
    複合材料の繊維配向を非破壊で迅速に評価する手法を開発
  • 2016.11.1
    上野藍助教が着任しました。
  • 2016.11.1
    特任助教または研究員を募集しております。
    詳しくはこちら
  • 2016.8.9
    ホームページを更新しました。
  • 2016.8.8
    岡智絵美研究員が日本磁気学会の学術奨励賞(内山賞)を受賞しました。
  • 2016.8.1
    宮田喜久子研究員が特任助教に昇任しました。
  • 2016.6.14
    D1小田切公秀君がJoint 18th IHPC and 12th IHPSにてDonald M. Ernst Award (Best Paper Award)を受賞しました。論文タイトル「Microscale Infrared Observation of Liquid-Vapor Interface Behaviro on the Surface of Porous Media for Loop Heat Pipe」,著者,Kimihide Odagiri, Masahito Nishikawara, Hosei Nagano
  • 2016.6.16
    長野教授がJoint 18th IHPC and 12th IHPSにてKeynote Lectureを行いました。
  • 2016.6.1
    渡邉紀志特任助教,岡智絵美研究員が着任しました。
  • 2016.4.8
    新4年生が配属されました。
  • 2016.4.1
    長野教授が着任しました。

燃焼グループ

  • 2017.5.16
    メンバー更新しました。
  • 2016.8.9
    ホームページを更新しました。
  • 2016.4.8
    新4年生が配属されました。